女の人

注目したいdhaの効果|血流改善に最適!

このエントリーをはてなブックマークに追加

体の不調を整えます

漢方

女性に多い症状

50代や60代になり少し歩いただけで疲れてしまったり肩こりやめまいなどの不快症状が増えたりすると、年のせいかなと思ってしまうのも無理はありません。しかしそのような症状には更年期がかかわっていることも少なくありません。更年期障害とは閉経を迎える40代以降の女性に多い症状で、体内の女性ホルモンが少しずつ減少することに体がうまく対応できないことで生じます。この更年期障害ではほかにもホットフラッシュや頭痛をはじめ精神的なイライラや不眠など様々な症状が現れることが特徴となっています。更年期の症状は体がホルモンバランスの変調に慣れてくるに従い少しずつ治まっていくことが一般的ですが、なかには数年以上も更年期症状が続くこともあります。

体にゆっくりと作用します

長引く更年期の症状がみられるときは漢方薬を利用するようにしましょう。漢方薬の特徴は体に負担をかけることなく穏やかに作用する点が特徴です。とくに更年期と漢方は相性がよく、どこの婦人科でもごく普通に処方されています。婦人科で処方される漢方薬には高麗人参や甘草をはじめ牡丹皮や芍薬など様々な生薬がお茶などのように利用しやすい形で処方されています。最近の漢方薬は毎日服用しやすいように風味なども調整されているので、漢方独特のにおいなどが苦手な方でも利用しやすいものとなっています。また更年期向けの漢方薬はドラッグストアなどでも購入することができます。薬剤師に相談すれば自分の症状に合わせた漢方薬を用意してくれるので、どのような漢方を利用するか迷ったときには相談してみるとよいでしょう。